MENU

STORY風雲会社伝

みんなの伝えたいと知りたいを繋ぐ、アジアに展開するウェブディレクションチーム

札幌
株式会社Gear8
Webサイトの制作やコンサルティング、マーケティング戦略の提案などを行っている株式会社Gear8は札幌でもトップクラスのWebディレクションチームです。札幌中心部の街並みが見下ろせるオシャレなオフィスで、代表の水野晶仁(みずのあきひと)さんにマーケットが成熟したと言われる現在のWebサイトの役割や、今後の海外展開についてお話しいただきました。

異業種からWeb業界へ

起業までの経緯を教えてください

大学卒業後は札幌の大手ホームセンターチェーンへ就職しました。そこで働きながら専門学校に通ってWebの知識を学び、Web業界へ転職しました。その時点で26歳でしたのでWebデザインの世界へ入ったのは遅い方だったと思います。最初は短期のアルバイトから入って、その後いくつかの会社でWebデザイナー、ディレクターを経て2008年1月に30歳でWebディレクターとして独立、2009年10月に法人化をしました。

異業種から業界に入って5年で独立というのはかなり早いと思うのですが、なにかきっかけがあったのでしょうか。

きっかけは特にありません。もともと30歳になったら独立しようと決めていたので、“時間になったから"という感覚でした。クライアントや仕事の目途があったわけでもなく、コネも仕事もお金もない状態でした。貯金が4万円しかありませんでしたから(笑)。

そこからどうやって事業を拡大していったのですか?

最初は本当に細かなパーツ作りをしていました。いきなり大きなWeb構築案件の依頼が来るわけないですから、バナー一つを作るところから受注し始めました。当時はバナー職人かというくらいバナーばかり作っていました。Web業界に入ったときと同じでまずは細かいところから関わって、自分の実力とポジションを見誤らずに実績を積んでいきました。そのうちに大手企業のWebディレクションを任せていただけるようになり、「なんとかこれで食べていけそうだ」という自信と実績ができた頃、法人化をして株式会社Gear8を設立しました。今は札幌、福岡、チェンマイ、バンコクの4拠点でメンバーは15名になりました。

Webをツールにコミュニケーションを実現する Webディレクション集団

札幌オフィス

現在の事業内容についてお聞かせください。

Webサイトの企画、デザイン、システム構築やWebを使ったマーケティングやブランディングのお手伝いをしています。 単純にきれいなWebサイトをつくるだけではなくて、クライアントが何を課題として、それを誰に伝えたいのか、ユーザーは何を知りたいのか、そういったことを解決するためにWebサイトをツールとしたWebコミュニケーションの提案とディレクションをしています。

以前は、単純にWebデザイン制作とコーディングをするのがWeb制作会社でしたが、最近は、Web制作会社の役割も変わってきましたね。

Webディレクターといっても、Webのアートディレクターという位置づけが多かったですが、現在弊社の役割としては会社の商品やサービス、企業ブランディングの分野まで関わることがほとんどです。 例えば、ある企業の採用活動で内定承諾率がかなり落ちたという場合。企業の価値や事業内容が応募者に伝わっていないからではないかという疑問とそれを変えていくにはどうしたらいいのかということを、社長や人事部、広告関係の担当者などそれぞれの関係者と話をします。給与体系は本当にこれでいいのか。役職の名前は職制、職務などが明確か。といった会社の経営にまで入って話をします。他にも海外展開の際にFS調査(フィジビリティスタディ)を行い、それをもとに商品の値段やパッケージングについて提案したりもします。そうやって細かく詰めた内容が最終的にはWebサイトの中に納まっていきます。 ※新規事業などのプロジェクトの、事業化の可能性を調査すること。

経営の根幹にまで入って話をするのですね。

今やWebサイトの役割というのは、売り上げを上げるとか集客効果を高めるといったことだけではないんですね。社長の考えや会社の成り立ちを明確化して社員に浸透させることや、コーポレートサイトとして明示することで企業そのものを取引先やユーザーにも知ってもらうということもWebサイトの役割の一つです。企業の価値を内側から整えていくインナーブランディングです。

Gear8がやるべき仕事と提供する価値

福岡オフィス

Web制作の中で一貫して大切にしていることはありますか?

あまり気負わず普通にやっているつもりですが、常に“おもしろいものをつくりたい"という気持ちを持って取り組んでいます。逆に、独立直後から一貫してやらなかったことは“営業"です。今も営業スタッフはいないです、基本的には口コミと紹介で仕事が広がっています。

北海道以外にも拠点がありますが、仕事の割合はどのような感じでしょうか

北海道とそれ以外で7:3くらいですね。まずは北海道の会社のWebサイトを盛り上げていきたいという気持ちがあります。また「コーディングだけやってください」というような依頼もたまに頂いたりもしますが、場合によってはうちで受けずに他社を紹介することもあります。私たちの強みはディレクションをメインに企画力とデザインだと考えていますので、それをしっかり活かした仕事を提供していきたいですね。 予算がなければ、リリースの時期をずらすとかフェイスブックで代用するとか、絶対Webサイトでなければということでもない場合もありますので、Webではなくチラシでという提案もします。本当に信頼して予算を預けて頼ってくださったクライアントの仕事はモチベーションがググッと上がりますよね。かかる費用も決して安くはありません。しかし、その価格以上に価値のあるWebサイトを作って熱意に応えたいと思っています。たまにやりすぎることもありますが、私たちが質の高いWebサイトを世に送り出すことによって、業界全体のレベルも上がると嬉しいです。

今まで、印象に残った仕事はありますか?

道東の中標津町にある株式会社バイオマスソリューションズ様のコーポレートサイト(http://biosol.jp/)はとても楽しい仕事でした。規格外農産物や食品ロスなどからたい肥や飼料を作る研究や商品開発を行っている企業で、バイオ系はこれから伸びていく分野なので先手を打ちたいと相談を受けました。社長の熱意と共に最新技術の情報を正しく伝え、理解してもらうことが課題でした。札幌から400kmも離れた中標津町から何度も足を運んでいただき綿密な打ち合わせをして、カメラマンとライター同行で2泊3日の取材にもいきました。これもかなり張り切りすぎましたね(笑)。でもとてもいいWebサイトに仕上がりました。

2020年までにアジアで10拠点 チームは小さく、密度は濃く

チェンマイオフィス

海外展開のきっかけを教えてください

2008年に独立した時に、知人の紹介で10カ月ほど上海の会社を手伝っていたんです。当時流行っていたサンプルマーケティングの事業を上海で立ち上げるというもので、上海と札幌と東京を行ったり来たりしていたのですが、その時海外で仕事をするのも楽しいと思いました。そうは言ってもまずは国内で仕事をして、会社が6期目に入ったタイミングで改めて海外進出を考え始めました。

タイを選んだ理由はどこにあるのでしょう?

観光系のアプリをやりたいと思い、それにフィットする国がないか調べていたのですが、ちょうどその頃、タイでビザの緩和や札幌・バンコク間直行便の毎日就航が始まったのです。中間層も増え、海外旅行のニーズも高まっていましたので、タイからの観光客の増加が見込めると思い、まずはタイ向けにアプリ開発をすることにしたのです。 単純に、行ってみたいな、住みやすそうだなという思いもありました。チェンマイは気候も良く、実際に過ごしやすかったですね。政治的に揺れてるようにも見えますが、安定した仕事のしやすい国だと思います。

現地での事業は順調ですか?

まずは昨年6月、「Trippino HOKKAIDO(トリッピーノホッカイドウ)」というタイ人観光客向けにタイ語で道内観光情報を紹介するスマホアプリをローンチしましたが、まだまだこれからです。小さい仕事をコツコツ積み重ねているところで、2回目の創業をしている気分です。

国が変わると、クライアントから求められることも変わりますか?

現時点では結構違います。Webサイトにそんなにお金をかける会社はないと言われます。しかし、Webの役割はタイでも、日本でも同じなので、この先マーケットが成熟していくまで私たちの持っているもので勝負し続けていきたいと思っています。円高がどんどん進んで、そう遠くない将来にオフショア開発の流れは真逆になるかもしれません。その時までに海外の拠点を増やしたいと考えています。

タイ以外の国では、どんな国を考えていらっしゃいますか?

台湾、マレーシア、シンガポール、フィリピンなどアジア圏で、それぞれ8人くらいのチームで10拠点80人規模にしたいと考えています。そして3ヵ月とか半年スパンでスタッフが拠点を移動していく。そうすると国や言葉を超えて、いろいろな国の仕事をいろいろな国の人がやるようになる。大変かもしれませんが、きっと楽しいと思いますよ。

取材日: 2016年12月21日 ライター: 小山佐知子

 

株式会社Gear8

  • 代表者名:代表取締役 水野晶仁(みずのあきひと)
  • 設立年月日:2009年10月
  • 資本金:5,000,000円
  • 事業内容:Webサイトのデザイン・コーディング及び構築、 インターネットを利用したマーケティング戦略の立案及びコンサルティング、 インターネットによる広告業、広告代理業、及び販売促進に関する企画の代理業、 CI/VI 企画 グラフィックデザインなど
  • 本社所在地:〒060-0004北海道札幌市中央区北4条西3丁目札幌駅前合同ビル8F
  • URL:http://gggggggg.jp
続きを読む